お知らせ

前回の「輝きたいから」で、輝くための正しい姿勢のチェックをして今すでに良い姿勢になっている人は、胸の筋肉の突っ張りをあまり感じませんので鏡で見ながら一番良い肩の引きかたを覚えておきましょう。

○できれば首が垂直に
なかなか出来ませんが頭を後ろへ持っていくと首が垂直になります。

○カカトを浮かす
最後に体重を全部カカトに乗せている人は、少しカカトを浮かすようにしましょう。カカトより爪先の方に多く体重をかけるようにします。しかし、そのために体があまり前へ傾かないようにしましょう。

これらの全てができていると、身体の後ろの線が上から下まで一直線になって、よい姿勢になります。良い姿勢は回りの人も気持ちよいものです。そしてその人への好感度と輝きが出てきます。

良い声(伸びがあり、張りがあり、艶がある声)が出るようになったら、良い声の上に良い言葉、良いメロディー、生きたリズム乗りで歌も輝かせましょう。

プロの歌手の方やオーディションなどを受けられる方は、[輝いた 目・表情・心・姿・歌 がステージで大きく見えます。]