お知らせ

日本語で歌っているのに、言葉がハッキリしないため、日本語に聞こえない歌を歌っているのを耳にします。通常の歌番組でも画面の下に出てくる歌詞の字幕を見ていないと何を歌っているのか言葉が聞き取れない事があります。

これでは、歌を通して自分の思いを人に伝える事ができませんので、言葉をハッキリ発音できるようにしなければなりません。ここで勘違いしやすいのが「言葉をハッキリ」と「各音をハッキリ」とは違います。まず、これをはっきりしておかないと「言葉をハッキリ」ができません。そうかと言って一字ずつハッキリ歌っても言葉にはなりません。一語と一文字も違います。

クラシックでは[共鳴のある声]を大切にするために各音を大切に歌う面もありますが、基本的には各語の語頭に気が多く行っている事が言葉をハッキリする条件です。語頭に気を多くしたら必ずしもハッキリした言葉になる訳でもありませんが、言葉にはフレーズがあるので、一語一語をハッキリした上にフレーズになっていると言葉がはっきりします。

この時には感情も自然に入ってきますので、聴いている人にも正しい言葉と感情が伝わります。